20120307

時には足を止めて 確かめ合ってる




ちょっと立ち止まってしまうとき

開いてみる

魔法のノートがある



そこに記されているのは

呪文なんかじゃなくて



今までのわたしの足跡

未来のわたしへの言葉




過去のわたしが残していってくれた

大切な生きた証





どんなはやさでもいいのに
自分らしくいられたら



だけどときどきわからなくなってしまう夜には

開いて
泣いて
笑って

眠る








it's so long way







春の予感が優しく身体を包んでる

ベットの中みたいな優しい気持ちで



何度も何度も抱きしめ合って

確かめ合ってる